06-<< 2017-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.07 (Tue)

スリランカの住宅 タイル職人さん

みなさん こんにちは
ここ数日続けて、私の家の外では
稲光と大きな雷の音 そして強い雨が降ってます
この雷の音が、驚くほど大きいんですけど
今年は、まだまだ、これからかな??

雷の度に、パソコンやTVや主だった電気製品のコンセントを抜くんですよ

illust-sinple18.jpg

さて、みなさんのお宅は、木造住宅ですか?
国によっては、レンガ造りの方もいますかね?
スリランカは、レンガで壁を作って、漆喰を塗って
床は、コンクリートです
そのコンクリートの床に、タイルを引いているお宅があります
そのままのお宅もあるし、こちらでカーペットと呼んでいる
ビニールシートを引いているお宅もあります

前回のお話した主人の職場のオーナーが
今、各お部屋にタイルを貼っていく工事をしてくれているんです
タイルを貼るだけで、
部屋がグ~ンとグレードアップしたようになるんですよ(^v^)

こうやって職人さんが、1枚、1枚、貼っていきます

s-CIMG4760.jpg

主人が感心するのは、そのタイルの平面が均等になっていることです
私には、当たり前のことのように思うけど、
やってみればわかると言うように
なかなか難しいもののようですね

s-CIMG4762.jpg

部屋のコーナー等は、もちろん、タイルを切らなければならないけど
それも、上手に職人さんはやっていきます

ただし、割るので、ものすごい音がします((+_+))

s-CIMG4761.jpg

このタイルはクリーム色の柄なしですけど
タイルの種類は豊富で、柄も豊富です
もちろん、それなりの値段はすると思います
何軒んかお邪魔してますが
タイルの色や柄で、お部屋のムードが変わりますね

s-CIMG4759.jpg

そうじは、ほうきをかけてモップで水ぶきをします
お家グリーンillust-house1

職人さんのお陰で、お部屋がとっても素敵になりました
オーナーは、将来、ここを、ショートステイのゲストハウスに
しようと考えていらっしゃるようです

常時暑いスリランカですけど、
家の中に入ると、驚くほど気温が変わります
ただし、白アリが多く発生するのも暑い国の特徴ですかね

日本の木造住宅も私は大好きですが
こんな風な家もあることをスリランカで知ったアンマです

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

12:42  |  SriLankaの職人さん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.30 (Mon)

スリランカのろうけつ染

みなさん こんにちは
お久ぶりです

mari4305.jpg

突然ですけど、みなさん これをご覧になったことありますか?
「バティック」と言う スリランカのろうけつ染めです

これ、すべて手書きなんですよ(^v^)

s-CIMG4735.jpg

こちらでお友達になった奥さん「ラージャカルナさん」
とっても明るくて、優しい人で、私を可愛がってくれるおばさんです

でも、この頃、あまり会わなくて・・・どうしたんだろう?って思ってたら
足が痛くて家にいるらしいって人から聞いて心配してたんです

家を知ってるわけでもないし、シンハラ語がままならない私では
電話をしても、うまく通じないしな~~~なんて思っていたら

知り合いのマダムがお見舞いに行こうと言うのでついていきました

家に入ると、ご主人と息子さんと一緒に椅子に座って待っていてくれて、
久しぶりだったので、会えて嬉しく思って
話しを聞くと、何と「リューマチ」みたいなんです・・・

10年前から始まったそうなんですけど、
こんなに痛みが出たのは初めてらしくて
私が行った前の日に、かかとに注射したらしく
ドクターから、あまり歩かないように言われたと言ってました

それでも、顔を見ることが出来て
少し、安心して帰ろうとしたら、
ご主人の作品を見て行ってって
通されたのが、住まいの奥にある作業場でした

s-CIMG4733.jpg 

前にご主人が、何かを教えにJAFFNA(ジャフナ)地方のタミール人の
学校へ泊まりがけで行っているって聞いたことはあったんですけど

s-CIMG4732.jpg 

これだったんですね

この方は、ご長男さんです
お父さんのお仕事を手伝っていました


s-CIMG4731.jpg
 
 
これは、すでにワンピースに裁断されている布ですね
それに、模様をろうで書いていくんですね

s-CIMG4723.jpg
 

こんな道具を使って
何の下書きもない布に
器用に書いていきます

s-CIMG4730.jpg
 

DNAが働いているのかな??
なんておもっちゃいますが、
長男さんも次男さんも絵がとても上手です

次男さんは、ホテルの経理マンですが、
今は、クウェートのホテルに出稼ぎに行っています


s-CIMG4729.jpg
 

この長男さんも、普段は、遠洋漁業の船の技術者として
船に乗っています
一回海にでれば、1年以上帰ってこないそうで
ちょうど、数ヶ月前に戻って来て、家にいました


s-CIMG4728.jpg
 

この仕事で、もっと収入があれば、遠洋漁業には出ないで済むんでしょうけどね


s-CIMG4727.jpg
 

それにしても、チャッチャカとほんの数分で
模様を見事に書いていきます


s-CIMG4726.jpg
 

写真が下手なのが残念!!


s-CIMG4725.jpg
 

横では、お父さんが、目を細めて
息子さんの作業を見守っていました

s-CIMG4724.jpg
 

こんなバティックは、スリランカの百貨店ODELLだと
数万ルピーで売られているそうです

s-CIMG4734.jpg 

職人さんのお父さんは、奥さんの病気を看病するために
学校へ教えに行く仕事の依頼を
少し、伸ばしてもらっているとか・・・・

ラージャカルナおばさん曰く
アメリカの大学で準教授の仕事についている
才女のご長女とクエートで働く次男さんには
病気のことは知らせていないと言ってました

「近所の人も助けてくれるし、あんまり心配かけたくないのよ」って
万国共通、どこの親も同じような思いでいるんだな~と
思って帰って来ました

とってもお世話になってる私です
あんまり頼りにならないけど、何か出来ることがあったら言ってね

  おばさんの体が、少しでも早く、良くなりますように
                        アンマ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

20:38  |  SriLankaの職人さん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.04 (Thu)

スリランカのお寿司屋さん

美味しかった~!!ホントに(*^^)v

スリランカでこんなお寿司が食べられるなんて幸せ~~

握ってくれたのはこのお二人

そう、スリランカ人の寿司職人さん

ここは、スリランカの中心都市コロンボにある百貨店
ODEL(オデール)本店にある「日本料理店 日本橋」

昨日、久しぶりに主人も私もお休み
それで、おねだりして連れて来てもらった




注文したのは、主人が鉄火丼(1,300ルピー)、焼き鳥の照り焼き(660ルピー)私が、握り寿司の富士(1,080ルピー)

カウンターに座った私たちの前で、本当に日本人の職人さんのように
立ち居振る舞いも板について、一人はカリフォルニア巻きを
一人が握り寿司を握っていた

本当は、握っているところを写真に撮りたかったけど、
まだ、ブログ初心者の私は、ちょっと恥ずかしくって
カメラを向けられなかった((+_+))

でも、ちゃんとネタも使い終わると即、前のネタをしまうケースに
納め、まな板も包丁も一つ一つの仕事の度にきれいにして・・・

当たり前と言えば当たり前だけど、スリランカ人の彼らが、
ここまで、出来るようになるのは
大変なことだったろうと思ってしまう

この日本橋のオーナーシェフは、確か、お父様がスリランカの方で
お母様が日本人だったと思う
本店とHilton colonbo Residence,そしてこのODELと3店舗を経営されている

前に直接お目にかかったが、まったくノーマルな日本人で
英語もご堪能。勿論、シンハラ語も・・・

スリランカで、ご自分の料理番組も持っている有名人

彼に仕込まれたのかな?と、思うほど、ほとんど、日本人の職人さんのようなお二人
まさか、ヘイ!イラッシャイ!とはいかないが・・・

主人も食べる前は、日本の回転寿司で思いっきり食べたいな~
何て言っていたが、鉄火丼が思いのほか美味しかったようで、ご満悦

日本と違うところは、「あがり」が有料なこと
日本茶は180ルピー 一人に急須1杯がくる
日本から仕入れていますとあるから、費用がかかっているのだろう

私たちの隣のお嬢さん連れのスリランカ人ご夫妻は、
起用にお箸を使って、美味しそうに巻物を食べていた

主人は、年に数回、日本やタイ等へ行くが、ずっとスリランカにいる私は、
ムショウにお寿司が食べたくなった・・・・やっぱり日本人

正直、本店さんは、もっとメニューも多く、掘りごたつ式の和室まである
ただ、思いの外、高い税金がかかったりするので、ちょっと気軽には行けない

このODELのお店は、税金もかからないのでありがたかった

スリランカ人の友人に、エー!行ってないの?何て言われて初めて行ってみたが
あの寿司職人さんたちに握ってもらったお寿司は、なかなか美味しい物だった

1年先くらいかもしれないけど、また、是非、食べにきますね アンマ


SriLanka Nihonbashi http://www.nihonbashi.lk/




シニアブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スリランカ情報
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


00:45  |  SriLankaの職人さん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。