03-<< 2017-04- >>05-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.18 (Wed)

バナナってこうやってなるのね~

女性紅茶サービスillust-handmade2

みなさん こんにちは
私のつたないブログにいつも足を運んでくださって
本当にありがとうございます

今、少し、私には、他に力を入れなければいけないことが出てきて
前のように、ブログを更新することが出来なくなりました

忘れたころに、書きこむことがあるかもしてませんが
しばらく、手をつけないことも多くなると思います

止めようかとも思いましたが、それも少し寂しいので
このままにしておきます

急に、みなさんに聞いてもらいたくなったり
見ていただきたくなることがあったら、
また、紅茶でも入れますので、お出で下さいませんか?

さて、それでは、今日は、前々から皆さんにお見せしたかった物・・・
みなさん、これ、何の木かわかります?



これが、この木の花なんですよ

s-CIMG5721.jpg

ほら、その花が開くとこんなのが顔を出してきて

s-CIMG5720.jpg

数日たつと、もうこんなになって

s-CIMG5725.jpg

そう、これはバナナです
私、スリランカに来て、初めて、バナナってこうやってなるんだ~って
知ったんですよ

s-CIMG5726.jpg

まだまだ、大きくなっていく感じです
とっても楽しみ~~~

s-CIMG5727.jpg

主人の勤務先の庭で、大きくなってきたこの木が
まさか、こんな風になるなんて思いもしませんでした

スリランカには、まだまだ、私の知らない物がいっぱい!
また、何かあったら、いつかお見せしますね~~~

                     アンマ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

23:15  |  SriLankaのお勧め  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.26 (Tue)

スリランカの紅茶工場

みなさん こんにちは
スリランカに住んで2年半になりますが
この前、初めて、紅茶工場を見学してきました

私は、はずかしながら、スリランカに来るまで、
緑茶とウーロン茶、紅茶が、同じ木から出来ることを
知りませんでした((+_+))

少し、Webで調べてみました
ツバキ科の常緑樹なんだそうです
そのお茶の違いは、製造方法の違いなんだそうです

茶葉に製造段階で酸化酵素の働きをさせて(発酵)作るのが紅茶
発酵させないで作るのが、緑茶
半発酵させるのがウーロン茶なんですって・・・

スリランカには、5つの代表的な紅茶の産地
ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナがあるんだそうです
同じ紅茶なんですけど、季節風や日照の違い、その産地の標高の違いで
まったく個性の違う紅茶が出来るんだそうです
それで、お土産屋さんなんかでは、産地別に売っていたりするんですね

ここは、キャンディーの工場です
工場のスタッフさんに案内してもらいました
でも、英語があまりちゃんと聞きとれなくて
調べ直して書くことにしました

スリランカは、すべて手摘みです
新芽とその下の2枚の葉を摘み取ります

s-CIMG5636.jpg

下から温風を送ってむらします

s-CIMG5637.jpg

柔らかくなって、40%の水分を飛ばすんだそうです



1階から、階下に降りて行こうとすると、むせえかえるような空気を感じました
階下にはこんな機械がありました
これで、柔らかくした葉を揉みこみます
酸化発酵が進むので、緑の葉が茶色に変化するんだそうです

s-CIMG5639.jpg

揉みこんで固まりになった茶葉をほぐします
発酵が均一になるんだそうです
20℃~25℃室温と90%程度の高湿度の中で
2時間から4時間ねかせます
酸化酵素の働きが進むので
茶葉は、鮮やかな赤褐色に変わり
甘い香りを放つようになるんだそうです


s-CIMG5643.jpg

100℃前後の熱風で水分3%~4%に乾燥させ
酸化発酵を止めて、遺物を取り除いて、ふるいにかけて
形とサイズを揃えます

s-CIMG5640.jpg

熱い空気の中、働いてました

s-CIMG5644.jpg

そして、出来上がりがこれです
この工場の2階では、紅茶をその場で入れて飲ませてくれます
ちょっと驚いたのは、そこで売っている紅茶の値段の高さです
外国人の観光客向けだからでしょう
でも、紅茶は美味しくいただきました

s-CIMG5645.jpg

紅茶の奥深さは、とても簡単にご紹介出来るような物ではないと思います
現地のスリランカ人のみなさんは、ミルクパウダーを入れて飲む
ミルクティーが主流です
でも、スーパー等では、色々な香りや味がブレンドされたハーブティーの
ティーパックもあって、そんなのは、お土産にいいかもしれません

日本で売っている紅茶のティーパックからは嗅ぐことができない
何とも言えない甘い紅茶の香りを
どうぞ、スリランカに見えたら、是非、ご堪能くださいね

                         アンマ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

11:34  |  SriLankaのお勧め  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.04 (Mon)

もう一つの世界とでも訳しましょうか?

みなさん こんにちは
いろんな顔を持つスリランカ

ちょっとした場所に入り込んだら、こんな場所がありました

s-CIMG5475.jpg

小さい時、登ってみたかった高い木の上
手作りのはしごを登ると
そこは、自分だけのお城

寝そべって、小鳥たちの来るのをまっていると
思いもかけず、象が横を通って行く

s-CIMG5493.jpg

周りの木々には、鳥たちが巣をつくり

s-CIMG5490.jpg

けっして邪魔をしないように
そっと見守るだけ

s-CIMG5489.jpg

スターアップルの実が、色鮮やかに太陽に照らされて

s-CIMG5487.jpg

木の下を通るだけで、何か、違う世界の色を見ているよう

s-CIMG5486.jpg

あなたが、スリランカでこんな縄ばしごをみつけたら
どうぞ、渡ってみてください


s-CIMG5495.jpg

中には、大きなバンガローまであって

s-CIMG5478.jpg

家族みんなで、もう一つの世界の住人になれます

s-CIMG5482.jpg

スリランカで、どっぷりと自然の中に浸りたいと言う方にはお勧めのHOTEL
The Other Coener」 
 Laksirigama, Habarana, SriLanka
 Phone; +94(0)66 492 9892

s-CIMG5471.jpg

地元の人から案内されたHOTELでした
こんな隠れ屋のような所があるんだな~って
泊まったわけではないんですけど・・・・

                        アンマ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

23:12  |  SriLankaのお勧め  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。