03-<< 2017-04- >>05-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.28 (Thu)

コロンボの救急夜間診療

女性ポットillust-girls2

みなさん こんんちは
さて、今日は、コロンボの夜間診療に行ったお話しです

3週間ほど前、仕事関係者が日本から来ました
60代の方とその随行者20代の女性でした

私たちは、60代の方の体調を気にしていました
前回、約2年前、スリランカにみえた時、体調を崩されたからです

ところがどっこい、滞在3日目の朝、ホテルにお迎えに行くと
20代の若い女性が、下痢になっていました
一応、事務所に来てもらい、その日の予定をこなすまで
ソファーで休んでもらったんですが、良くなりません。
何が、あたったのか????
その前の晩、同じ食事を30人くらいと一緒に食べました
その30人の中で、日本人の彼女と、スリランカ人のスタッフの女性の
二人だけが、同じ症状になったんです

もちろん、私も主人も同じ物を食べましたし、
60歳代の日本人も食べました

とにかく、日本の薬も飲んでもらい
一日、様子をみましたが、一向に良くなりません
その翌日は、もっとスケジュールが詰まっていました
結果、夜間診療に行こうと言うことになったんです

行ったのは、Lanka Hospital
Colomboにあるプライベート病院です
24時間対応と聞いていたので行きました

私は、まだ、スリランカで病院にかかったことはなく
私自身も初めての経験でした
夜間入口から中に入ると
カウンターの向こうに
ブルーの長そでワイシャツにネクタイ姿の男性が
すぐに声をかけてくれました

その人がドクターでした
他にも同じ色のワイシャツ姿の方がいましたので
ユニフォームかな?

カウンター横の個室に通され
ベッドに寝かされて、問診を受けました
血圧と、指から血液をちょっと取って
血糖値を測って・・・
熱射病になっているわけでもなく
単なる食あたりと言う診断で
ドクター曰く、下痢が3日以上続いているようなら
入院した方がいいけど、まだ一日なら、その必要もない
とのことで、抗生物質を含む4種類の薬と
「JEEVANEE」を処方してくれました

「JEEVANEE」は、顆粒状のもので、1Lの水に溶かして
24時間以内に飲むようにいわれました
「とにかく、多く飲みなさい」とのことでした
点滴まではしない代わりに、それと同じような成分が
入っているものだから、下痢で出てしまった水分の倍は
飲むようにとのことでした

最初の問診が終わって、簡単な検査を男性のナースが
してくれてから、30分くらい待たされました

どうしたんだろう??
そうしたら、20代の男性が心筋梗塞で緊急搬送されてきて
さっきのドクターは、そちらの対応をしていたんです
ドクター曰く、何とか命は取り留め、ICUに運んだとのことでした

ドクターが、戻って、処方箋を書いてもらい
私は、具合の悪い彼女に代わり
彼女が持っていた海外保険の冊子から
診断書のフォームを出して記入してもらえないか
お願いしました
いくらかかるか、まったく見当がつかなかったからです

病院のフォームがあれば、それでもいいと伝えましたが、
特別なフォームはないらしく、その保険会社のに記入してくれました
診断書の費用はかかりませんでした

その診察にかかった費用は、400ルピーでした
それから、同じ病院内の薬局へ
大きなスペースの薬局には、2人の職員がいて
薬を出してくれました

その薬代が、約500ルピー
帰りにスーパーで、ミネラルウオーターを購入して
さっそく、さっきのJEEVANEEを溶かして
彼女に飲ませました
処方された薬は、日本同様、薬ごとに袋に入れられ、
食前食後、1回に飲む量が、英語で書いてありました

とっても綺麗で、清潔な感じの大病院でした

現地の人のお見舞いで、何度か、政府の病院に行きましたが
施設も、何もかも、すごい違いでした

その薬が効いたのか、彼女の下痢は止まり
翌日の午後からは、仕事に復帰してくれました

もともと、彼女は、病院が大嫌いなんだそうで
日本でも、よっぽどのことがないと
病院へ行かないそうで
「何で、海外のしかもスリランカで病院へ
行かなければいけないんでしょう・・・」
って、半泣きだった彼女ですが

「ドクターがハンサムだったので許します」ですって((+_+))
マー、何はともあれ、無事にスケジュールをこなされ
予定通り帰国されました

良かった!良かった!      アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

06:18  |  アクシデント  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011.09.07 (Wed)

6階の窓の外から Hello って 何???

この前、珍しく早目に自宅に戻れて、夕飯のしたくも段取り良く済み、夕飯まで何とは無くテレビを見ていた

すると、どこからか「Hello」って
空耳かな?と思ってほっておいた

それでも、また「Hello」 しかも、窓の方から・・・?

ここは、アパートの6階の部屋
スリランカは、1階をグランド0と数えるので、事実上は7階

なんで、その窓から声がするんだろう?って、半信半疑で窓のところへ見に行った

アパートの隣のお宅かなんかで、だれかがしゃべっているのかな?
下をのぞいたその時、

頭の上から声がした「Hello!!」「助けてください」

「エ!?」上を見上げると、真上の部屋の窓から顔を出して叫んでいる

私も動転して「助けてって、なぜ??」なんて言ってしまって・・・
バカだなーと後から思った 「助けて!」と言ってる人になぜ?なんて普通は聞かないでしょ

少し年配の女性が、「子供が、ベランダのドアをロックしてしまって、全員、ベランダに閉じ込められてしまったんです」って

「あっらー((+_+))」またまた、私は間抜けなことに「私はどうしたらいいですか?」って聞いてしまって

そしたら、「玄関のドアが開いているから、入ってきてドアをあけてくれませんか!!」と言われ

「すぐ、行きます!待ってて!」と言って、即、上の階へ

真上の部屋だったけど、何となく、ここでいいのかな?と思いながら、そっとドアを開けると、
ベランダから、玄関の方に向かって貼りつくように助けを待っている女性2人と子供さん2人

すぐ、ドアを開けると、若い奥さんが、半泣きでハグしてきてありがとうの連発

なんと1時間も立ったままベランダで困っていたようだ
マー偶然にも早目に家に帰っていて良かった、良かった!(^^)!

こんなことでお役にたてるなんて・・・  

翌日、そのことをルクに話すと、アンマもうっかりしてそんなことにならないようにね!だって

ンー!ルク!私のおっちょこちょいを見抜いているね(@_@;)    アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

23:09  |  アクシデント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。