06-<< 2017-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.23 (Sat)

僕たちの国の仏教のお勉強

みなさん こんにちは

突然ですが、ここ、どこだと思いますか?
ここは、スリランカのKandyにある仏歯寺(ぶっしじ):ゴールデンテンプルの中です
仏歯寺の名の通り、仏陀の歯が祀られています

s-CIMG5650.jpg


そこで出会ったのが、この可愛い子供たち
学校単位で、仏教の時間のお勉強

s-CIMG5649.jpg


先生たちに連れられて、いくつかの学校が来ていたみたいです

s-CIMG5646.jpg


仏陀の一生が絵で現わされているこの場所で
みんな、キョロキョロしながら
「遅れないで!」って、先生に促されながら

s-CIMG5647.jpg


みんなの国の世界に誇るものをしっかり勉強してね!(^^)!

                 アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

06:00  |  SriLankaの仏教  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.07 (Thu)

ポソンポヤ ジュースダンサラ in ポロンナルワ

みなさん こんにちは
5月のVesak(ヴぇサック)ポヤデーが終わり、
コロンボ周辺は、まったく普通の生活に戻っています

でも、スリランカに仏教が最初に伝わった聖地ミヒンタレー近くの
ポロンナルワやアヌンダーラプラあたりは
6月のPoson(ポソン)ポヤデー(仏教伝来の日)を祝います

ポロンナルワは、10世紀~12世紀にシンハラ王朝の首都があった所
その遺跡は、スリランカの誇る世界遺産の一つ
偉かったのは、その当時の王様たち
乾燥地帯と言われるこの地に、灌漑用貯水池と水路を築いたんですって

そのお陰で、今もポロンアルワの街からほんの少し入ると
こんな田園風景を見ることが出来るんです
今は、こんなに綺麗な緑色





s-CIMG5510.jpg

大きな大きな人口の貯水池  まるで湖
今でも、人々は、この貯水池から流れる水路で水浴びをしています

s-CIMG5568.jpg

そんな人々の1年に1度の大きな大きな催し
それが、仏教徒にとって、とっても大事なポソンポヤ

s-CIMG5614.jpg

毎年、ポソンポヤの翌日、日が落ちる頃から
遺跡の中の寺院から出発するんだそうで
ペラハラ(行列)の見物で、すごい人

s-CIMG5613.jpg

ポソンポヤを祝い、ミヒンタレー参拝や遺跡参拝を済ませた人々かな?
それとも、キャンディーペラハラ同様、聖なる動物の象をキラビヤカに飾り
踊りや鳴り物で行列するペラハラを楽しみに来ているのかな?

s-CIMG5615.jpg

ペラハラが始まる3時間以上前なのに、暑い中、場所取りをして待っている

コロンボのVesakポヤに見られる風景との大きな違いは
その見物客の乗り物
農家の人々らしく耕運機で乗り合わせて出かけてくる

s-CIMG5607.jpg

村のみんなで乗ってきたのかな?
それとも、みんな家族かな?

s-CIMG5609.jpg

昔、昔、歩いて聖地へ巡礼に向かう人々に
その通り道の人々が、食べ物や飲み物を施したんだそうで
その名残が、今でも続く・・・・それがダンサラ

s-CIMG5610.jpg

ポロンナルワでジュースダンサラをお手伝い
ジュースの素はこれ
この時期、多く収穫出来る緑色のオレンジ
地元の友人は、何て言う名前のオレンジかは知らな~いって

s-CIMG5584.jpg

スリランカのアンマたちが、手慣れた包丁さばきで皮をむいていく

s-CIMG5585.jpg

むいてむいて、半分に切って

s-CIMG5587.jpg 

みんなで絞る

s-CIMG5581.jpg

絞って、絞って
それに、市販のジュースの素を少し加えて
そのままだとスッパイでしょ!って・・・
お砂糖も加え・・味見して
作ったジュースは、大きなポリバケツ6杯分

s-CIMG5586.jpg

テントを張って、ジュースをついで
お坊様にお経を上げていただいて
ダンサラスタート

s-CIMG5604.jpg

このダンサラ、提供する人々のお布施ですべて賄う
オレンジを提供する人、お砂糖を出す人、テントを借りるお金を出す人 等々
もちろん、奉仕をする労働を布施する人
すべて、布施

s-CIMG5606.jpg

誰でも、通りすがりの人々が自由に飲んでいく
こんなダンサラが、道のあちらこちらで行われる

s-CIMG5608.jpg

珍しい外国人のおばさんは、ちょっと目立って
足を止めて、ジュースを飲んで行ってくれる人々が
多かったって喜ばれた

とっても暑かったけど、とっても楽しい体験でした

                              アンマ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

00:47  |  SriLankaの仏教  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.09 (Wed)

彼はお坊様じゃないんですよ(^^)

みなさん こんにちは
女性Tea time 

今日も紅茶でもいれましょうか?
彼、実は、主人のスタッフさんの一人です
こんな格好をしたのを見たのは、私も初めて・・・・

この日は、Vesak FullMoon Poyaの2日目でしたね
日頃、お坊様だけがされる修行を
PoyaDayだけは、在家信者もすることを許されるんですって
それが、戒律の修行です

ちょっとふざけてこんなポーズをしていますけど・・・
白の上下(ナショナル)に左肩から白布をつけて
お坊様たちと同じように右肩を脱いだ形にします
そして、もう一回り小さな白布を左腕にかけています



女性は、上下白のロングスカートです
主人の職場は、ほとんどがシンハラ人の仏教徒
Vesakのお休みに、みんなで戒律の修行(シル)をしたいというので
日頃、お借りしている場所を使いました

s-CIMG5185.jpg

お寺では朝6時から翌日まで修行をするそうです
今回は、朝8時から夕方5時過ぎまででしたね
ござの上に座って
座るのが大変な年配の方は、椅子に座っていました
隣り近所や友人を誘って参加していましたね
みなさん、慣れた感じで・・・・

s-CIMG5190.jpg

お坊様の説法やレクチャー、瞑想をして過ごします
生き物を殺さない
盗みをしない
不倫をしない
嘘をつかない
お酒を飲まない
この5つの戒律を在家の信者さんたちは日頃、守るようにしているようです

この修行の時は、
不倫ではなく性行為をしないに代わり
歌舞音曲などを見たり聞いたりせず、
装飾品、化粧・香水など身を飾るものをしない
足の高いベッドに寝ない
正午以降食事をとらない
と言う3つを加えて修行するそうです

だから、この日、私はお化粧やマニキュア、指輪などはしてこないでね
と、言われていました

s-CIMG5191.jpg 

全部シンハラ語で、まったくわかりませんでしたけど
最初の導入の時だけ、通訳してもらったら
司会進行の人が、
ある家で、父親の収入が無くなり、
母親だけの稼ぎで暮らさなければならなくなって
大変、苦しい生活をしなければならなくなった
そこで、お経(スートラ)を家族全員であげて、その中に書かれていることを
みんなで確認するようにした
そんな中で、ある日、父親が、収入がないことを嘆いた
その父親の姿を見た子どもが母親に
「なぜ、お父さんは、今あるものに感謝しないの?」と聞いたと言う

  彼が言いたかったのは、心がきれいで素直な子どもの方が
  教えが入り易いと言うことだったようです
  小欲知足(欲を抑えて足りていることを知る)と言う教えです

今日は、こんな風に実際の生活でためになるいい話しを聞けると思うと
その方は話しを続け、子どものように素直な心で修行しましょうと言ってました

修行中は、それに集中出来るよう
お世話をして下さる方々がいます
お坊さまへのお布施の品も
みんなの所に回って、それぞれがその品に手を添え
各自の布施の心を乗せて行きます

s-CIMG5204.jpg

この方は、瞑想のインストラクター
瞑想をする時の形からそのやり方を教えてくれていたようです

s-CIMG5222.jpg

朝8時から夕方まで、まったく静かな空間が出来上がり
聞こえるのは、お坊様の声のみと言う世界
日頃の生活からまったく離れたような感覚ですね

s-CIMG5202.jpg

午前中にミルクティーと軽食、Lunch
午後に紅茶を1杯 
配っていただきました

s-CIMG5198.jpg



s-CIMG5199.jpg

お世話をしてくれたのは若い人達
そのみんなも白の上下
小さい時から親に連れられて、こう言う修行を体験しているそうで
いつ、何をどのようにしたらいいのか
みんな良く知っているようですね
大したものです・・・・感心しちゃいます

s-CIMG5206.jpg

このお譲さんたち
日本人の若者同様、
携帯、PC、Facebook、お洒落、すべてに普通に関心をもって
生活しているスリランカの若者たちです
それが、いったん、このような役割をするようになると
まあー、見事に動きます

s-CIMG5209.jpg

正直、始める前は、約9時間も苦痛だろうな~って思ってたんです
ところが、シンハラ語ばかりでチンプンカンプンだったにもかかわらず
何とも言えない爽快感
なんだろ~??
日頃の喧騒を離れ
同じ修行をする人達の中に入って
自分を見つめることなんて、めったにないですね
在家のみなさんが、自分からすすんで
お寺でこの修行をしに行く気持ちが
少しわかったような気がしてしまいました

みなさんも、もし、チャンスがあれば体験されてみてください
お勧めです

                    アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

07:59  |  SriLankaの仏教  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | ホーム |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。