10-<< 2017-11- >>12-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.07 (Thu)

ポソンポヤ ジュースダンサラ in ポロンナルワ

みなさん こんにちは
5月のVesak(ヴぇサック)ポヤデーが終わり、
コロンボ周辺は、まったく普通の生活に戻っています

でも、スリランカに仏教が最初に伝わった聖地ミヒンタレー近くの
ポロンナルワやアヌンダーラプラあたりは
6月のPoson(ポソン)ポヤデー(仏教伝来の日)を祝います

ポロンナルワは、10世紀~12世紀にシンハラ王朝の首都があった所
その遺跡は、スリランカの誇る世界遺産の一つ
偉かったのは、その当時の王様たち
乾燥地帯と言われるこの地に、灌漑用貯水池と水路を築いたんですって

そのお陰で、今もポロンアルワの街からほんの少し入ると
こんな田園風景を見ることが出来るんです
今は、こんなに綺麗な緑色





s-CIMG5510.jpg

大きな大きな人口の貯水池  まるで湖
今でも、人々は、この貯水池から流れる水路で水浴びをしています

s-CIMG5568.jpg

そんな人々の1年に1度の大きな大きな催し
それが、仏教徒にとって、とっても大事なポソンポヤ

s-CIMG5614.jpg

毎年、ポソンポヤの翌日、日が落ちる頃から
遺跡の中の寺院から出発するんだそうで
ペラハラ(行列)の見物で、すごい人

s-CIMG5613.jpg

ポソンポヤを祝い、ミヒンタレー参拝や遺跡参拝を済ませた人々かな?
それとも、キャンディーペラハラ同様、聖なる動物の象をキラビヤカに飾り
踊りや鳴り物で行列するペラハラを楽しみに来ているのかな?

s-CIMG5615.jpg

ペラハラが始まる3時間以上前なのに、暑い中、場所取りをして待っている

コロンボのVesakポヤに見られる風景との大きな違いは
その見物客の乗り物
農家の人々らしく耕運機で乗り合わせて出かけてくる

s-CIMG5607.jpg

村のみんなで乗ってきたのかな?
それとも、みんな家族かな?

s-CIMG5609.jpg

昔、昔、歩いて聖地へ巡礼に向かう人々に
その通り道の人々が、食べ物や飲み物を施したんだそうで
その名残が、今でも続く・・・・それがダンサラ

s-CIMG5610.jpg

ポロンナルワでジュースダンサラをお手伝い
ジュースの素はこれ
この時期、多く収穫出来る緑色のオレンジ
地元の友人は、何て言う名前のオレンジかは知らな~いって

s-CIMG5584.jpg

スリランカのアンマたちが、手慣れた包丁さばきで皮をむいていく

s-CIMG5585.jpg

むいてむいて、半分に切って

s-CIMG5587.jpg 

みんなで絞る

s-CIMG5581.jpg

絞って、絞って
それに、市販のジュースの素を少し加えて
そのままだとスッパイでしょ!って・・・
お砂糖も加え・・味見して
作ったジュースは、大きなポリバケツ6杯分

s-CIMG5586.jpg

テントを張って、ジュースをついで
お坊様にお経を上げていただいて
ダンサラスタート

s-CIMG5604.jpg

このダンサラ、提供する人々のお布施ですべて賄う
オレンジを提供する人、お砂糖を出す人、テントを借りるお金を出す人 等々
もちろん、奉仕をする労働を布施する人
すべて、布施

s-CIMG5606.jpg

誰でも、通りすがりの人々が自由に飲んでいく
こんなダンサラが、道のあちらこちらで行われる

s-CIMG5608.jpg

珍しい外国人のおばさんは、ちょっと目立って
足を止めて、ジュースを飲んで行ってくれる人々が
多かったって喜ばれた

とっても暑かったけど、とっても楽しい体験でした

                              アンマ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

00:47  |  SriLankaの仏教  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: タイトルなし

パンタカさんへ
いつもコメントをありがとうございます。
日本は、梅雨入りなんですね。
ここ2週間ほど、日本からの受け入れに追われていて、ブログが更新できません。
ご返事も遅くなりました。
ダンサラを知った時、私も、四国巡礼の方々への地元の方のお接待を思いでしました。
また、パンタカさんならご存知かもしれませんが、お寺の菩提樹にお水を注ぎながら、さまざま祈願をされます。これは、まるで、お百度参りのようです。
それでは、また、受け入れのためにキャンディへ行ってまいります。
アンマ |  2012.06.15(Fri) 08:14 |  URL |  [コメント:編集]

 関東地方は昨日梅雨入り宣言が出ましたが、今日は気温25℃の抜けるような青空でした。

 今年はアヌラーダプラかポロンナルワに行きます。
 どちらだったか忘れましたが、沐浴場の遺跡のわきでレース編みのテーブルクロスなど作っている奥様がいるのですが、何か買ってきたいと思っています。

 ガイドブックに載っていない、普通のナマの情報がとても参考になります。
 こういう“お接待”は『お四国』の霊場を歩く人達へのものと同じだなあと思いました。
 
ぱんたか |  2012.06.10(Sun) 17:39 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/138-b515691b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。