10-<< 2017-11- >>12-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.24 (Fri)

あなたのキスは愛情にあふれてました

Polonnauwaの友人宅に泊めてもらった私は、彼女のおばあちゃんと出会いました。
御年82歳とか・・・
友人と言っても29歳の独身の素敵なスリランカ女性。

彼女のお父さんが小さい時に亡くなって、クエートに出稼ぎに行くことを決めたお母さんは、彼女をおばあちゃんに預けていったのです。

それから約25年間、おばあちゃんは、全身全霊、最愛の娘の残した孫を育ててきたのでしょう。そして、今、彼女は本当に心優しい、家事の上手なお嬢さんに育ちました。

一生懸命働くお母さんとは、滅多に会うことは出来なかったと彼女は言います。今も、クエートでの仕事を続けるお母さんの留守宅で、おばあちゃんと孫娘の二人暮らしは続いています。



おばあちゃんにご挨拶すると、その優しい手で私の顔を支え、頬にキスをしてくれました。本当に慈愛に満ちたというのは、このおばあちゃんのことかしらと思うほど・・・・・あなたを心から愛してますよ、伝わってくるこのオーラは、何にもしゃべったわけでもないのに、涙が出てくるほどの安心感と言うか、何とも言えないものを私の心に満たしました。

おばあちゃんの石臼は今も大活躍
ココナッツを削るこれもおばあちゃんゆずり?

82年間、生きてみえたその道のすばらしさを異国の言葉もわからない私に一瞬で感じさせた
おばあちゃん。私も、あなたのように年をとりたい・・・心からそう思ったANMAでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
00:56  |  光を感じた人たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/16-e59df40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。