06-<< 2017-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.21 (Tue)

素敵な通学ね

スリランカに暮らし始めて約1年。この1年の中で、1番気に入っている写真がこれです。






西田敏行さん似の我が最愛の夫は、仕事の合間を縫って、いつも突然どこかに行こうと言いだします。日本の時は、ヨッシャ!とすぐに行き先を決めて夜中走ったりしたものですが、このスリランカでは、そう簡単には行きません。まだ、どこがどこだか良く分かっていない上に、このスリランカでの運転は、なかなかスリリングだからです。

それでもめげることなく、おじちゃん、おばちゃん夫婦二人だけのの小旅行をスタートさせました。会社社長の運転手をしている青年にお勧めの場所を聞くと「KithulgalaのRest House」はいいよ!とのこと。早速、ネットで調べて予約をいれて出発。正直、スリランカの英語は、ちょっと癖があり、本当に通じているのか不安になりながらも、車に乗り込んだのが夕方4時。初めての道を地図を頼りに走っていくと、どんどん山道に・・・。すっかりあたりも暗くなり、もちろん、そこに街頭などはあるわけもなく、夫は、わざと前にスリーウィラー(シンハラ語ではトライッショーという三輪自動車)を入れて、道案内のようにゆっくり後をついていくことに。途中、現地の人に道を尋ねながら、ホテルには7時に到着。

フロントに行くと、一応、予約の電話内容は通じていて、部屋に案内され、どんな景色の中に着いたのかもわからないまま、夕飯を食べてすぐに眠ってしまったおじさん、おばさん夫婦。

翌朝、部屋を出てみるとみごとな渓谷の中で、すごく涼しく、いいところだな~と思いっきり深呼吸。
ホテルの庭の下が川だとわかり、下りていってみると、本当に透明なきれいな川の向こう岸から1槽の小舟がこちらに向かってきて、その自然の中に見たこの様子が、何とも言えず素敵で心に残ったおばさんでした。

見知らぬ外国人のおばさんにとまどいながらも、おばさんが「スバウダーサナックウエワ(おはようございます)」と声をかけると、ニコッと笑顔で「セーワウェーワ(素敵な一日でありますように)」と返してくれました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
22:16  |  旅先で  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

No title

まるで水の上を歩いているようですね
アンマ |  2011.08.02(Tue) 16:13 |  URL |  [コメント:編集]

No title

匿名さんへ

本当に素敵な光景でしたよ
アンマ |  2011.08.02(Tue) 16:19 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/17-2ddadca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。