06-<< 2017-07- >>08-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.02 (Tue)

ドン!エッ?なに?追突?

2週間前の土曜日、何と渋滞で止まっているところに後ろからドン!
エッ!? 何? バックミラーを見たら10人乗りくらいのワゴン

しかも2台すれ違うのがやっとくらいの道で渋滞中
「ブーブー」クラクション鳴らされるのも聞き流し、
とにかく横に止めて相手と話すことに
とは言っても、私一人 どうしよう(@_@;)

後ろは、ボンとへこみ、右側は浮いている

頭に浮かんだのは、100%相手が悪いんだから・・・

「相手にあなたが100%悪いですね」と言うと
「はい、私が100%悪いです。マダム I am sorry」とおっしゃる

そして、即、名前、住所、電話番号
IDカードナンバー、ドライバーライセンスナンバーを
私の差し出したノートに記入してくれて
私にドライバーライセンスを見せ、
IDナンバー、住所等間違いないことを確認させた

勿論、相手の自動車保険のカードも確認

これで、相手の保険会社が修理代を出すと思い込んでいた

ところ、このスリランカの自動車保険の仕組みは
日本とは違っていると言う

そんなことも知らないで、海外で運転していたのか!!(`´)
お叱りの声が飛んできそう

すみません・・・((+_+))

スリランカでは事故の過失責任には関係なく、
事故を起こすと、それぞれの車をそれぞれ自分の保険で修理するのだそうだ

いつも車の事など面倒をみてくれる日本語の出来るアミーラは仕事で日本に出張中
そこで、登場したのがサマーン
彼は、英語が出来る

主人とサマーンに車を見せに行くと、
サマーンは即レンタカー会社に連絡を入れてくれた
7500ルピーを払わなければ修理出来ないと聞くと、
サマーンは、レンタカー会社がケチって保険を使わずに
修理代全額、契約者の私たちに払わせるようなことに
なったら大変だと思ってくれたようで、
自分で、保険会社に連絡を入れ、事故届けをしてくれた

休日明けに私と一緒にレンタカー会社に行き、結局、免責分だとわかり、
レンタカー会社のオーナーから、警察署に双方で行き、
支払いの話し合いをした方がいいと言われたようだ

警察で何をするのかな?事故証明を取るのかな?と、
訳も分からず、サマーンの言う通りに警察へ

相手も約束の時間に来てくれて、
またも「マダム I am sorry」と挨拶

お巡りさんのところに行き、事情を話すと、
結局、お巡りさんも、相手が7500ルピー払うようにと言ったようだ

そして、今度は、相手とレンタカー会社オーナーと直接話してもらうことになり、
すぐに7500ルピー用意出来ないという相手は、7月30日に支払うので
待ってもらいたいと言うことになった

オーナーは、それでも構わないが、もし、7月30日に相手が払わなかったら
契約者の私たちが、その支払いの責任を持つことが条件だと言う

結果、その場にいた主人もOKをし、相手に、7月30日に支払いますと言う書類に
サインをしてもらい、警察を出た

お巡りさんの役割は・・・ンー!仲裁役ってとこかな?

主人も私も、スリランカでのお金のトラブルは承知しているので、
相手は、払わないかもしれないと言うことを思っていた

7月30日、朝、サマーンが「相手に電話しましょう」と言うので、
電話してもらうと、今日の2時に来ると言う

結局、彼は、約束の2時前に現れ、しっかり7500ルピーを
支払って行ってくれた

「マダム I am sorry」と、またまた、言っていた

主人に報告すると、「そうか、来てくれたか・・・(^^)」
スリランカ人相手の仕事をしている主人は、
スリランカ人がお金のことで、しっかり約束を守ってくれたことが
本当に嬉しかったようだ

アンマも同じです
そして、プライベートに忙しい中
私を助けてくれたサマーンに感謝

シニアブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スリランカ情報
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
21:09  |  光を感じた人たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/2-9e01ed16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。