10-<< 2017-11- >>12-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.31 (Sun)

2000年前の仏さまの元へ

今日は、約2000年前からスリランカの仏教徒が祈りをささげてきた
仏さまの元へご案内しましょう

ところは、黄金寺院(Golden Temple of Dambulla)

紀元前3世紀頃、都アヌラーダプラで、当時の王様が仏教に帰依したことからスリランカの仏教は始まりました
シンハラ王朝は、豊かな水でお米を作り、貿易も盛んで、都アヌラーダプラは仏教の一大センターになっていきました
遠く中国からも留学僧を受け入れるほどだったようです

その頃からこの石窟は僧院として機能していました

シンハラ王朝第19代の王様は、ワッダガーマニ・アパヤ(在位紀元前89年~前77年)
この王様が南インドのタミール人に攻められ、都アヌラーダプラを追われた時、このダンブッラの僧侶たちがお助けしたようです。
15年後、王様は、都を奪い返し、感謝の気持ちをこめて僧院だったこの場所を寺院にしたと言います。

ここなら攻められても簡単に上がってこれないと考えたんですかね?
なんて、創造してしまうほど、この寺院は岩山の頂上の天然の洞窟の中にあるんです

この大きな仏さまの左側にある山道を上がっていきましょう
その前にチケットを買って・・・外国人は一人1200ルピーなんです

さあ、それでは行きましょう
まだ、靴は履いたままで大丈夫ですよ

ハーヒー!ハーヒー!イヤー辛いですね
1回休憩しましょうか?
ア、気をつけて!
野生のサルさんたちが、せっかく用意したお供え用の蓮のお花をねらっています

もういいですか?後一踏ん張り頑張って!

さあ着きましたよ ここが寺院の入り口です
景色もいいでしょう

ここで、靴と靴下を脱いで預けましょうね
裸足も気持ちがいいものでしょ
スリランカでは寺院の中に入るとき、裸足で入るんですよ


ここでさっき買ったチケットを見せましょうね


さあ、仏さまの元へ参りましょう
一番古い第1窟から一番新しい第5窟までゆっくり参拝させていただきましょうね





勝手ながら、出来ればたった一人、この場に留まり祈りを捧げてみたいと思うほどですね
もし、もっと近くでと思われたらこちらにお邪魔してみてください
【石窟寺院ダンブッラ(ダンブッラ、スリランカ) 旅行の時間 石井大五】

第2窟には、天井から湧き水が滴り落ちていたでしょ
あのお水は聖水とされて壺が置かれていましたよね

あの壺の水は、絶えず滴り落ちているのに、減りもしないし増えもしないんだそうです
そして、お寺の宝である聖水は、重要な儀式で僧侶が飲まれるんです
何にも食べなくても聖水のみで何日もすごせるんだそうですよ

いかがでしたか、スリランカにある世界遺産の1つです
帰りは、アイスクリームでも買って食べながら降りましょうか? アンマ


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ スリランカ情報へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
19:26  |  SriLankaの仏教  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: NoTitle

伊藤さん とっても嬉しいコメントありがとうございます
伊藤さんのような方とつながりをいただけるなんて
ブログを初めて良かったです!(^^)!

伊藤さんは、スリランカの大先輩ですね
どうぞ、これからも宜しくお願いしますe-291
アンマ |  2011.08.11(Thu) 07:15 |  URL |  [コメント:編集]

NoTitle

楽しく、拝見しました。私も4月に、行ってきました。
スリランカには長い歴史があることを、知り、感動[?]しました。写真もステキまた、文章がとても心を和ましてくれます。私は長いこと、この国に住んでいますが、、日本とスリランカを比べてどっちがいいとかではなく、この国の良さを見つけてくださっているので嬉しいです。
ブログを楽しみにしています。
伊藤万里子 |  2011.08.10(Wed) 22:13 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/3-9866e030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。