03-<< 2017-04- >>05-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.24 (Thu)

世界中から一人選ばれたお母さん

みなさん こんにちは

illust-hokkori1.jpg
今から19年前のある日
スリランカのあるお宅に可愛い男の子が産まれました
とっても真面目なお役人のお父さんと
経理の仕事をするもっと真面目なお母さん
そして、6年先にこのお家に産まれていたお姉ちゃんのところに
男の子は産まれてきました

s-CIMG4222.jpg


男の子が産まれてから、お父さんとお母さんは
もっと、真面目に一生懸命働きました
少し都心からは離れたところだけど小さなお家を建てて
そして同じ敷地の中にもう一つ小さなお家も建てました

s-CIMG4233.jpg

植物の好きなお父さん、お母さんは、お庭に木やお花を植えて
このお家に愛情を注ぎました

とっても純粋で、敬虔な仏教徒のお父さんとお母さんは
お姉ちゃんと男の子を連れて
近くのお寺に良くお参りにいきました
いつの間にか、おねえちゃんは、
お経を諳んじることが出来るようになっていました

s-CIMG4231.jpg

ある時、男の子は施設で暮らすようになりました
男の子は、病気だったのです
でも、男の子は施設の学校が大好きで
お友達と遊ぶのもとっても好きでした

s-CIMG4229.jpg

お父さんとお母さんは、慎ましやかに暮らしました
お母さんは、正社員ではありませんでしたが
20年間、同じ会社で働きつづけました
お父さんはお役人の仕事の定年を迎えました
でも、スリーウイラー(3輪自動車)を手に入れて
運転手さんのお仕事を始めました
お役人さんだったお父さんが
スリランカでは高い地位にない運転手さんの仕事を始めました
生きてる限り収入を得ていかれるように
お父さんは、見栄も体裁も捨てていました

s-CIMG4230.jpg

お父さんもお母さんも、産まれたときから病気を持っていた男の子に
精一杯の愛情を注いできました

それでも、お母さんは考えてしまうことがありました
「病気の男の子が産まれてきたのは、私たちのカルマ(悪業)なのかしら?」

ある時、お母さんは、こんな話を聞きました
「赤ちゃんはね、産まれる前に
どのお父さんとお母さんだったら
僕をいっぱい愛してくれるかな?って、探してね
それで、このお父さんとお母さんなら
僕を心から愛してくれる!いっぱい愛してくれる!
そう思って、産まれてくるんですよ
お父さんとお母さんは世界中から選ばれたんです」

お母さんの心は、思いっきり明るくなりました
お父さんにもそのお話しを伝えました

そして思いました 
男の子が産まれてきてくれたので
家族が協力し合って幸せなんだと

s-CIMG4220.jpg

お姉ちゃんと男の子のために作ったお家は
小さいけれど、お父さん、お母さんの愛情たっぷりに
とても温かみのあるお家

男の子も、お父さん、お母さん、お姉ちゃんの住む
このお家に帰ってくるのが大好き

お姉ちゃんは、これから結婚しても男の子の生活を支えていけるように
お仕事を持っていられるようにしたいと思うようになりました
とっても大変だけど、資格を取るために一生懸命になりました

今日、お話ししている私は、このお家の庭に植えてもらった木の1本です

この2つの家も、庭に植えてもらった他の仲間たちも
この世界中から選ばれたお父さん、お母さん、お姉ちゃん
そして、男の子と一緒に暮らせることを
とっても幸せに感じて誇りに思っています

遠い将来、お父さんとお母さんがいなくなる時が来ても
私たちは、お姉ちゃんと男の子を見守り続けていきたいと思っています

お話しを聞いてくださって、ありがとうございました。
illust-sanpo-2.jpg


                          アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

19:05  |  光を感じた人たち  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/65-8521081c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。