03-<< 2017-04- >>05-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

生涯独身だった伯父の死

みなさん 本当に 本当にご無沙汰してます
お元気ですか?

主人の手伝いで英文経理をしていて
その年次決算のために
ブログの更新をご無沙汰してしまっていて
そろそろ出来るかな~~と思っていた矢先

日本の妹からおじちゃんが亡くなった!
と電話があったのは3月2日の朝でした

地方にいた私は、即、コロンボへ戻り、翌日の夜の便で日本へ
その足で、叔父の住まいへ直行しました

私たちの父の弟にあたる叔父は、生涯独身を通した人です
若い時から病気で悩まされていたことが原因だったようです

奥さんも子供もいない叔父に、私たちの母が
「プライベートなことには干渉しないから、そばに来てよ
何かの時は、そばに居てくれれば面倒をみてあげられるから」と言って
自分達の住まいの隣に引っ越してきてもらって30年

その母の方が、23年も前に先にこの世を後にしてしまい
それでも、父や私たちの住む隣りで
「凛として独り身を通し、生き続けていました
 食事も掃除も洗濯もすべて叔父自身がやっていました
 ある時期までは・・・」

7年前のことになりますが、ある日、私は、叔父に呼ばれました

唯一の男兄弟である父の子ども
その3姉妹の長女と言う理由からでしょうか
私を呼んで、自分がこの世を去った時に後始末を頼みたいと
改まった口調で相談してきてくれました
その時、叔父は、まだ、68歳でした

私たち夫婦に、自分の葬儀、埋葬、この部屋の明け渡し費用等のために
ある程度の金額を預けたいと言うのです

亡くなると、自分名義の預貯金からお金を
引き出すことは出来なくなるだろうから・・・
事前に私たちに預けておきたいといいます

主人と相談し、まだ、元気だった父、私の妹とその連れ会い
全員が署名をする覚書を作って、間違いなくお預かりすることを約束しました

そして、その8ヶ月後、私の父が突然、心筋梗塞でこの世を去ると
もうひとつ、私に、自分が亡くなった時に残った預貯金は、
甥や姪に均等に分けてやってもらいたいんだと言ってきました

そのために、私が困らないように、伯父の戸籍簿謄本を叔父の祖父にまで
遡って用意し、叔父の兄弟姉妹、それぞれの戸籍簿謄本も用意してあるから
と見せられました

叔父の死の連絡を受けた私は、
その叔父の思いをそのままに、親戚縁者に伝えていき
形にするお役をするために日本へ帰国するんだと
頭の中は、いっぱいでした

私には二人の妹がいます
すぐ下の妹夫婦と子供たちの5人は
私が主人と結婚を決めた時
一人残る私の父を心配しないように
私が、新しい人生を歩みやすいように
父と同居するため引越をしてきてくれました

その時から、妹夫婦は、夫のお母さん、
私の父、そして叔父の3人の高齢者の面倒をみてくれるようになりました
あれから、約12年・・・・

すでに脳梗塞から介護が必要だったお姑さんの介護と
それぞれ一人で何でもしていたとはいえ、高齢者として目の話せない父と叔父
特に父を見送ってからのこの数年は、叔父が高齢者だから起こすさまざまな
ハプニングに対応してきてくれました

特に晩年、なかなか眠れない叔父は、睡眠薬を処方していただいたようで
薬と晩酌で、フラフラするようになり、夜、大きな音をたてて尻もちをついたり
そのたびに夜中、叔父の部屋に飛び込んでは様子をみてくれたりしたようです

一番心配したのは、火の始末です
お鍋をのせたまま空だきしてしまったことも1度や2度ではなかったからです

お下の始末や食事の介護を必要とする姑さんをかかえている妹は
叔父にヘルパーさんに入っていただくようお願いしましたが、
叔父は、自分の部屋を姪の私たちが掃除するのを嫌がるほど
何でもしてきた人です
ヘルパーさんを受け入れるのにも、時間がかかりました
私も、何度か叔父にお願いに行きました

でも、結局、叔父がそれを受け入れる決意をしてくれたのは、
ある晩、ふらついて、窓ガラスを突き破って倒れたことがきっかけになりました
奇跡的にも、カーテンと共に突き破ったので、叔父は軽傷で済みましたが
その姿を見た時、妹は腰が抜けて立ち上がれなかったと言います

結果、何とか週に1回、掃除をお願いすることが出来るようになり
お食事も夕飯を運んでいただくことを受け入れてくれるように
なっていきまいした

もちろん、老人ホームに入ることも相談しました
叔父にとって、とってもいい条件のホームがみつかっても
叔父は、どうしても、入る気持ちにはなれなかったようです

75年間の人生の内、5年間あまり、まったく体も頭も
自分の思ったように動かなくなっていく自分に
一番戸惑っていたのは、叔父だったのかもしれません

生涯独り身だった叔父でしたが、
野辺の送りには、甥や姪、その連れ会いや子どもたちが集まりました
叔父の希望通り、身内のみで見送りをさせていただきました
姑と叔父と二人の介護をかけ持って
一番苦労したであろう妹が
一番大粒の涙を流して叔父を見送っていました
とっても温かい見送りでした

人は、生まれた時にも老いる時にも
誰かしらのお世話になるものだと言うことを
私は、改めて学びました

誰しも、迷惑をかけずに老いて死を迎えたいと思います
私も同じです

でも、赤ちゃんが産まれてから、必ず、誰かしらのお世話にならなければ
生きられないように
どんな人も、誰かしらのお世話にならなければ死ねないと言うことを
改めて学びました

叔父の部屋を片付けながら、私は、叔父の75年の人生を創造していました
そして、叔父と共に、その瞬間、その瞬間、お世話になった方々にお礼を
言っていました
自然とそんな気持ちになっていました

叔父さん、75年間、本当にご苦労さまでした
ご苦労も多かったかもしれませんが、
叔父さんの周りには、叔父さんを愛し、心配した多くの人がいたことを
感じることが出来ましたよ
それは、叔父さんが、多くの人達を愛し、心配したからでしょう
素晴らしい人生を送ってみえたんですね
叔父さんの思いが、そのまま形になるように
心を込めて後始末させていただきますね
ありがとうございました

                            アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ










関連記事
スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

20:44  |  光を感じた人たち  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

Re: タイトルなし

母饅頭さんへ
コメントをありがとうございました
まったく、ブログを開く余裕もなくて・・・
やっとスリランカに帰ってきました
また、ボチボチ更新していきます(*^^)v
アンマ |  2012.04.06(Fri) 08:16 |  URL |  [コメント:編集]

上のコメント私です。スミマセン。
母饅頭 |  2012.03.19(Mon) 14:01 |  URL |  [コメント:編集]

ブログの更新が無かったのでどうされたのかと心配していました。
 素敵なご親類に囲まれての生涯だったことが文章から伝わってきます。
 叔父様のご冥福をお祈りします。

 そして大事なお勤めをされたアンマさん、本当に素晴らしいです。
 
 お疲れかと思いますが、お体大事にしてくださいね。
名無しさん |  2012.03.18(Sun) 11:50 |  URL |  [コメント:編集]

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://anmasrilanka.blog.fc2.com/tb.php/95-767b57d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。