10-<< 2017-11- >>12-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.29 (Fri)

最高のご馳走だな!

みなさん こんにちは
「主人が、最高のご馳走だな!」って褒めてくれた料理

料理なんて言えない料理!
味噌ラーメン

s-CIMG5699.jpg

しかもインスタントラーメン
モヤシと長ネギをごま油でちょっと炒めて
ちょうど買ってあったPORKハムをチャーシュー代わりに

s-CIMG5700.jpg

何とマー!って感じでしょ((+_+))
でも、これをスリランカで食べると
最高のご馳走に感じちゃうんですね~~

                アンマ
女の子illust-shoeshop1


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

23:05  |  日本食  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.28 (Thu)

コロンボの救急夜間診療

女性ポットillust-girls2

みなさん こんんちは
さて、今日は、コロンボの夜間診療に行ったお話しです

3週間ほど前、仕事関係者が日本から来ました
60代の方とその随行者20代の女性でした

私たちは、60代の方の体調を気にしていました
前回、約2年前、スリランカにみえた時、体調を崩されたからです

ところがどっこい、滞在3日目の朝、ホテルにお迎えに行くと
20代の若い女性が、下痢になっていました
一応、事務所に来てもらい、その日の予定をこなすまで
ソファーで休んでもらったんですが、良くなりません。
何が、あたったのか????
その前の晩、同じ食事を30人くらいと一緒に食べました
その30人の中で、日本人の彼女と、スリランカ人のスタッフの女性の
二人だけが、同じ症状になったんです

もちろん、私も主人も同じ物を食べましたし、
60歳代の日本人も食べました

とにかく、日本の薬も飲んでもらい
一日、様子をみましたが、一向に良くなりません
その翌日は、もっとスケジュールが詰まっていました
結果、夜間診療に行こうと言うことになったんです

行ったのは、Lanka Hospital
Colomboにあるプライベート病院です
24時間対応と聞いていたので行きました

私は、まだ、スリランカで病院にかかったことはなく
私自身も初めての経験でした
夜間入口から中に入ると
カウンターの向こうに
ブルーの長そでワイシャツにネクタイ姿の男性が
すぐに声をかけてくれました

その人がドクターでした
他にも同じ色のワイシャツ姿の方がいましたので
ユニフォームかな?

カウンター横の個室に通され
ベッドに寝かされて、問診を受けました
血圧と、指から血液をちょっと取って
血糖値を測って・・・
熱射病になっているわけでもなく
単なる食あたりと言う診断で
ドクター曰く、下痢が3日以上続いているようなら
入院した方がいいけど、まだ一日なら、その必要もない
とのことで、抗生物質を含む4種類の薬と
「JEEVANEE」を処方してくれました

「JEEVANEE」は、顆粒状のもので、1Lの水に溶かして
24時間以内に飲むようにいわれました
「とにかく、多く飲みなさい」とのことでした
点滴まではしない代わりに、それと同じような成分が
入っているものだから、下痢で出てしまった水分の倍は
飲むようにとのことでした

最初の問診が終わって、簡単な検査を男性のナースが
してくれてから、30分くらい待たされました

どうしたんだろう??
そうしたら、20代の男性が心筋梗塞で緊急搬送されてきて
さっきのドクターは、そちらの対応をしていたんです
ドクター曰く、何とか命は取り留め、ICUに運んだとのことでした

ドクターが、戻って、処方箋を書いてもらい
私は、具合の悪い彼女に代わり
彼女が持っていた海外保険の冊子から
診断書のフォームを出して記入してもらえないか
お願いしました
いくらかかるか、まったく見当がつかなかったからです

病院のフォームがあれば、それでもいいと伝えましたが、
特別なフォームはないらしく、その保険会社のに記入してくれました
診断書の費用はかかりませんでした

その診察にかかった費用は、400ルピーでした
それから、同じ病院内の薬局へ
大きなスペースの薬局には、2人の職員がいて
薬を出してくれました

その薬代が、約500ルピー
帰りにスーパーで、ミネラルウオーターを購入して
さっそく、さっきのJEEVANEEを溶かして
彼女に飲ませました
処方された薬は、日本同様、薬ごとに袋に入れられ、
食前食後、1回に飲む量が、英語で書いてありました

とっても綺麗で、清潔な感じの大病院でした

現地の人のお見舞いで、何度か、政府の病院に行きましたが
施設も、何もかも、すごい違いでした

その薬が効いたのか、彼女の下痢は止まり
翌日の午後からは、仕事に復帰してくれました

もともと、彼女は、病院が大嫌いなんだそうで
日本でも、よっぽどのことがないと
病院へ行かないそうで
「何で、海外のしかもスリランカで病院へ
行かなければいけないんでしょう・・・」
って、半泣きだった彼女ですが

「ドクターがハンサムだったので許します」ですって((+_+))
マー、何はともあれ、無事にスケジュールをこなされ
予定通り帰国されました

良かった!良かった!      アンマ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

06:18  |  アクシデント  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2012.06.26 (Tue)

スリランカの紅茶工場

みなさん こんにちは
スリランカに住んで2年半になりますが
この前、初めて、紅茶工場を見学してきました

私は、はずかしながら、スリランカに来るまで、
緑茶とウーロン茶、紅茶が、同じ木から出来ることを
知りませんでした((+_+))

少し、Webで調べてみました
ツバキ科の常緑樹なんだそうです
そのお茶の違いは、製造方法の違いなんだそうです

茶葉に製造段階で酸化酵素の働きをさせて(発酵)作るのが紅茶
発酵させないで作るのが、緑茶
半発酵させるのがウーロン茶なんですって・・・

スリランカには、5つの代表的な紅茶の産地
ウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラ、キャンディ、ルフナがあるんだそうです
同じ紅茶なんですけど、季節風や日照の違い、その産地の標高の違いで
まったく個性の違う紅茶が出来るんだそうです
それで、お土産屋さんなんかでは、産地別に売っていたりするんですね

ここは、キャンディーの工場です
工場のスタッフさんに案内してもらいました
でも、英語があまりちゃんと聞きとれなくて
調べ直して書くことにしました

スリランカは、すべて手摘みです
新芽とその下の2枚の葉を摘み取ります

s-CIMG5636.jpg

下から温風を送ってむらします

s-CIMG5637.jpg

柔らかくなって、40%の水分を飛ばすんだそうです



1階から、階下に降りて行こうとすると、むせえかえるような空気を感じました
階下にはこんな機械がありました
これで、柔らかくした葉を揉みこみます
酸化発酵が進むので、緑の葉が茶色に変化するんだそうです

s-CIMG5639.jpg

揉みこんで固まりになった茶葉をほぐします
発酵が均一になるんだそうです
20℃~25℃室温と90%程度の高湿度の中で
2時間から4時間ねかせます
酸化酵素の働きが進むので
茶葉は、鮮やかな赤褐色に変わり
甘い香りを放つようになるんだそうです


s-CIMG5643.jpg

100℃前後の熱風で水分3%~4%に乾燥させ
酸化発酵を止めて、遺物を取り除いて、ふるいにかけて
形とサイズを揃えます

s-CIMG5640.jpg

熱い空気の中、働いてました

s-CIMG5644.jpg

そして、出来上がりがこれです
この工場の2階では、紅茶をその場で入れて飲ませてくれます
ちょっと驚いたのは、そこで売っている紅茶の値段の高さです
外国人の観光客向けだからでしょう
でも、紅茶は美味しくいただきました

s-CIMG5645.jpg

紅茶の奥深さは、とても簡単にご紹介出来るような物ではないと思います
現地のスリランカ人のみなさんは、ミルクパウダーを入れて飲む
ミルクティーが主流です
でも、スーパー等では、色々な香りや味がブレンドされたハーブティーの
ティーパックもあって、そんなのは、お土産にいいかもしれません

日本で売っている紅茶のティーパックからは嗅ぐことができない
何とも言えない甘い紅茶の香りを
どうぞ、スリランカに見えたら、是非、ご堪能くださいね

                         アンマ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事

テーマ : 海外生活 - ジャンル : 海外情報

11:34  |  SriLankaのお勧め  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
<< PREV  | ホーム |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。